若いのにシワができるのは何故?若者のシワ対策

 

まだ若いのにシワに悩んでいる方は意外といらっしゃいます。

 

まだ10代、20代と若く、周りのみんなはそうでもないのに自分だけシワシワ…泣

 

そこでここでは、「若いのにシワできる原因と対策」についてのお話です。

 

若いのにシワが出来るのは何故?

 

乾燥

まだ若いのにシワシワ…という人は、多くの場合「乾燥」によってシワっぽくなっていると考えられます。

 

肌が乾燥すると細胞にふっくらとしたボリュームがなくなり、うるおい不足になるので若い人でも小じわは出来てしまうんですね。

 

若いときは皮脂がたくさん出る人が多いですが、粉をふくほどの乾燥肌の方もいらっしゃいます。

 

お風呂上がりや朝の洗顔後には必ず保湿をするようにし、お肌にうるおいをたっぷり入れ込んでいきましょう。

 

コットンパックやスリーピングパックなどのスペシャルケアを取り入れるのも良いですね。

 

↓シワに効果的なスペシャルケアについてはこちらに書いてます。

シワを改善する3つのスペシャルケア

 

表情の癖

まだ若いのにシワが出来るのは、「表情の癖」によるものの可能性もあります。

 

毎日のように同じ表情を繰り返すことで、シワの跡が定着してしまうからです。

 

若い人でも表情豊かな人などは、表情ジワが出来やすいといえます。

 

眉間にシワを寄せる表情や上目遣い、眉毛をあげるような表情はおでこのシワを作りますし、笑いじわも例外ではありません。

 

シワの原因になっている表情をなるべくしないようにすることが最善の方法です。

 

保湿ケアも併せておこなって、シワの定着を防ぎましょう。

 

 

20代半ばを過ぎている人は肌の老化かも?

20代の半ばを過ぎている人は、肌の老化が始まっているかもしれません。

 

25歳頃から肌のコラーゲンは減ってくるので、ハリ・弾力がなくなってシワが出来てくるからです。

 

20代半ば以上の人は、肌にハリ・弾力を出す有効成分(レチノールやビタミンC誘導体など)でケアをすると効果的ですね。

 

 

まとめ

 

まだ若くてもシワが出来ることはありますので、落ち込みすぎずに正しいスキンケアを続けていきましょう。

 

心を込めてケアをして、シワのない若肌を取り戻しませんか^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です