食事でしわ対策|シワに効果的な食べものは?

 

スキンケアでなかなかシワが消えないときは、体の内側からもシワ対策をはじめましょう。

 

シワに効果的な食べものをここではご紹介しています^^

 

 

シワに効果的な食べもの

 

野菜

野菜には抗酸化成分がたっぷり含まれているので、肌の老化防止(=シワ対策)に効果的です。

 

とくにニンジンやカボチャ、トマト、ナスなどの色の濃い野菜には抗酸化成分がたっぷり含まれています。

 

 

果物

果物にも抗酸化成分が多く含まれており、シワ対策に効果的です。

 

とくにバナナやブルーベリーなどが抗酸化作用が高くておすすめですね。

 

果物には糖分も多いので、食べ過ぎには注意しましょう。肌の糖化を早めてしまいます。

 

 

ワイン・チョコレートなど

ワインやチョコレートにはポリフェノールがたっぷり含まれているので、アンチエイジング=シワ対策に良い食べもの(飲み物)です。

 

一息つきたい時におやつとして食べたり、1日の終わりに1杯飲むようにすると良いですね。

 

 

ナッツ類

 

ナッツ類もいいですね。

 

ナッツを食べるとニキビができる!という声も聞きますが、食べ過ぎなければ肌の老化防止に効果的です。

 

とくにアーモンドにはビタミンEがたっぷり含まれているので、肌のハリ・ツヤキープに役立ちます^^

 

 

鮭・いくら・カニなどの赤い食べ物

 

鮭やいくら、カニなどの赤い食べ物にはアスタキサンチンという抗酸化成分が含まれています。

 

アスタキサンチンのもつ抗酸化力はずば抜けていて、若返りビタミンと呼ばれるビタミンEなどよりもはるかに高いと言われています。

 

おもに魚介類に含まれているので、毎日食べるのは難しいかもしれませんが、お寿司屋さんなどに行ったときはたくさん食べると良いですね(笑)

 

 

しわ対策にいい食べ物:まとめ

 

肌の老化を完全に止めることはできませんが、遅らせることはできます。

 

食べ物にも気をつけて、シワに効かせていきましょう!

 

 

しわ対策に効果的なサプリ|サプリで体の内側から美活しよう♪

 

しわをなくすには、体の内側からも肌を磨きましょう。

 

スキンケアももちろん大事ですが、それだけではやはり限界があります。

 

しわ対策にはどんなサプリが効果的なんでしょうか。

 

しわ対策に効果的なサプリとは?

 

 

抗酸化成分のサプリ

しわをなくすには、抗酸化成分のサプリが良いでしょう。

 

体がもともと持っている抗酸化力は加齢とともに落ちてしまいますが、抗酸化成分をたっぷり摂ることで、衰えた体の抗酸化力を強化することができます。

 

体を酸化させ、肌の老化を早める活性酸素をやっつけることが出来るので、しわの改善につながります。

 

アスタキサンチンやコエンザイム、ピクノジェノール、ビタミンCなどが抗酸化成分になります。

 

 

肌のコラーゲンケアができるサプリ

肌のコラーゲンケアができるサプリも良いですね。

 

肌のコラーゲンは20代半ばころから減ってくるので、それに伴って肌のハリ・弾力も落ちてきます。

 

肌のコラーゲン生成を促す成分(プラセンタやプロテオグリカンなど)のサプリを飲むことで、肌がコラーゲンを作り出せるようにサポートすることができます。

 

その結果、肌のコラーゲンがふえてハリ・弾力が復活→シワに効かせることができるんですね。

 

 

1番のおすすめはプラセンタ!

 

プラセンタには成長因子が含まれているので、肌のハリ・弾力をあげるにはもってこいの成分です。

 

成長因子のはたらきによって肌の生まれ変わりがさかんになるので、あたらしい肌細胞がどんどん作られるようになる=ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分もあたらしく作られる!ということになり、しわ対策にピッタリなんですね。

 

 

まとめ

 

しわ対策には、抗酸化成分のサプリやプラセンタ、プロテオグリカンのような肌のコラーゲンケアができるサプリが良いことが分かりました。

 

サプリも活用して、シワ対策を加速させましょう^^

 

 

しわ対策にコラーゲン化粧品って効果的ある?

 

コラーゲン化粧品といえば、お肌がぷるぷるになりそうなイメージですよね。

 

でも、コラーゲン化粧品を塗っても肌のコラーゲンにはならないってご存知でしたか。

 

コラーゲン化粧品でしわは消えるのでしょか?

 

コラーゲン化粧品で消えるシワと消えないシワがある

 

結論から申し上げますと、コラーゲン化粧品で消えるシワと消えないシワがあります。

 

シワには種類があり、乾燥による小じわ、表情じわ、そして深く刻み込まれた真皮ジワなどがあります。(シワの種類について詳しくはこちらに書いてます→)

 

このうち、「乾燥による小じわ」の場合は、コラーゲン化粧品でたっぷり保湿をすれば消すことができます。

 

一方、「表情ジワ」や「真皮ジワ」の場合は、乾燥だけが原因でできたわけではないので、コラーゲン化粧品をつかってもシワを消すことは難しくなります。

 

 

コラーゲン化粧品は「保湿用」につかう

 

コラーゲンそのものはサイズが大きい成分なので、肌の奥まで入ってコラーゲンとして働くことはできません。

 

なので、肌の表面を保湿したいときにだけ使うのがベストでしょう。日中肌が乾燥したときや、お風呂上がりのつなぎの保湿などには活躍してくれるでしょう^^

 

 

じゃあ消えないシワはどうやってケアすれば良いの?

 

「じゃあコラーゲン化粧品で消えないシワはどうやってケアすれば良いの?」という声が聞こえてきそうですが、

 

コラーゲン化粧品で消えないシワ(表情ジワや真皮ジワ)は、肌のコラーゲンをふやす化粧品でケアすると良いでしょう。

 

レチノールやビタミンCなどが配合された化粧品ですね。これらでケアすることで、肌がコラーゲンをたくさん作り出せるようにサポートすることができるので、深いしわ対策としておすすめです。

 

 

まとめ:コラーゲン化粧品は保湿用につかう

 

コラーゲン化粧品は肌を保湿する作用はあるが、肌のコラーゲン自体はふえないので深いシワ対策には向いていないということが分かりました。

 

自分のシワをよく観察して、適切なケア方法を選んでいきましょう。