若いのにシワができるのは何故?若者のシワ対策

 

まだ若いのにシワに悩んでいる方は意外といらっしゃいます。

 

まだ10代、20代と若く、周りのみんなはそうでもないのに自分だけシワシワ…泣

 

そこでここでは、「若いのにシワできる原因と対策」についてのお話です。

 

若いのにシワが出来るのは何故?

 

乾燥

まだ若いのにシワシワ…という人は、多くの場合「乾燥」によってシワっぽくなっていると考えられます。

 

肌が乾燥すると細胞にふっくらとしたボリュームがなくなり、うるおい不足になるので若い人でも小じわは出来てしまうんですね。

 

若いときは皮脂がたくさん出る人が多いですが、粉をふくほどの乾燥肌の方もいらっしゃいます。

 

お風呂上がりや朝の洗顔後には必ず保湿をするようにし、お肌にうるおいをたっぷり入れ込んでいきましょう。

 

コットンパックやスリーピングパックなどのスペシャルケアを取り入れるのも良いですね。

 

↓シワに効果的なスペシャルケアについてはこちらに書いてます。

シワを改善する3つのスペシャルケア

 

表情の癖

まだ若いのにシワが出来るのは、「表情の癖」によるものの可能性もあります。

 

毎日のように同じ表情を繰り返すことで、シワの跡が定着してしまうからです。

 

若い人でも表情豊かな人などは、表情ジワが出来やすいといえます。

 

眉間にシワを寄せる表情や上目遣い、眉毛をあげるような表情はおでこのシワを作りますし、笑いじわも例外ではありません。

 

シワの原因になっている表情をなるべくしないようにすることが最善の方法です。

 

保湿ケアも併せておこなって、シワの定着を防ぎましょう。

 

 

20代半ばを過ぎている人は肌の老化かも?

20代の半ばを過ぎている人は、肌の老化が始まっているかもしれません。

 

25歳頃から肌のコラーゲンは減ってくるので、ハリ・弾力がなくなってシワが出来てくるからです。

 

20代半ば以上の人は、肌にハリ・弾力を出す有効成分(レチノールやビタミンC誘導体など)でケアをすると効果的ですね。

 

 

まとめ

 

まだ若くてもシワが出来ることはありますので、落ち込みすぎずに正しいスキンケアを続けていきましょう。

 

心を込めてケアをして、シワのない若肌を取り戻しませんか^^

 

 

シワをなくす美容整形

 

セルフケアでなかなかシワが消えないときは、整形を試してみる方法もあります。

 

シワをなくす美容整形についてここではご紹介しています。

 

 

シワをなくす美容整形

 

ヒアルロン酸注入

シワをなくす美容整形として最も一般的なのが「ヒアルロン酸注入」です。

 

ヒアルロン酸はもともと体内に存在している成分なのでアレルギーの心配がほとんどなく、安全性が高いとされています。

 

ヒアルロン酸をシワが気になる部分に注入することで物理的にシワの凹を埋めていきます。

 

ヒアルロン酸はもともと保水力があるので、注入した箇所がうるおってぷるぷるになるという嬉しい効果もあります。

 

徐々に体内に吸収されていくので定期的(数ヶ月~半年ほど)に打つ必要がありますが、注射1本でできてお手軽だと人気が絶えないようですね。

 

 

ボトックス

ボトックスもヒアルロン酸と同じくらい有名なプチ整形ですよね。

 

ボトックスとは、ボツリヌス毒素という菌からつくられた製剤のことです。

 

筋肉に作用するものなので、表情の癖によってできる表情ジワ(笑いじわなど)を消すのに向いています。

 

おもいっきり笑ってもしかめっ面をしても、ボトックスを打った箇所にはシワが寄らなくなるんですね。打ちすぎると不自然になることもあるので、医師の腕が問われる整形でもあります。

 

ヒアルロン酸と同じように体内に吸収されていくので、定期的(3~4か月ほど)に打ち続ける必要があります。

 

 

まとめ

 

セルフケアで消えないような深いシワでも、ヒアルロン酸やボトックスのような整形を受ければ消すことができるんですね。

 

「整形」と聞くとハードルが高く感じるかもしれませんが、こういう手段もあるんだと知っておくだけでもプラスになるかもしれません。

 

あなたのしわ対策の参考になれば幸いです^^

 

 

シワに効く成分プロテオグリカンとは?

 

プロテオグリカンはしわの改善に効果的な成分です。

 

最近注目されるようになった成分なのでちょっとマイナー感がありますが、どんな成分なのかご紹介していきますね。

 

 

プロテオグリカンって何?

プロテオグリカンは、もともと肌に存在している成分で、肌のハリや弾力、ツヤを保つのに欠かせない美肌成分になります。

 

関節や肌に存在しているんですが、加齢とともに量がどんどん減っていってしまいます。

 

もともと高価すぎたため化粧品に配合することが難しかったのですが、最近になってサケの鼻軟骨からたくさん抽出できるようになったため、化粧品の成分として配合することが可能になりました。

 

 

プロテオグリカンがシワに効くのはなぜ?

 

プロテオグリカンの保湿力はすごい!

プロテオグリカンが最近注目されるようになったのは、その保湿力の高さに理由があります。

 

プロテオグリカンの保湿力の高さはヒアルロン酸を越えると言われるほどなんです。

 

ヒアルロン酸もすでに保湿力が高い成分で、ヒアルロン酸1gで6ℓのうるおいをキープしていられるほどなんですが、それ以上の保湿力があるのがプロテオグリカンなんですね。

 

 

成長因子のような働きもする

そして、プロテオグリカンには成長因子のような働きもあります。

 

成長因子はプラセンタなどに含まれている成分で、肌の生まれ変わりを促してハリ・弾力のある肌にしてくれる美肌成分になります。

 

プラセンタのように成長因子そのものが含まれているわけではないのですが、それに近い働きがあるんですね。

 

 

まとめ

プロテオグリカンはもともと肌に存在している成分で、肌を強力に保湿してくれる&成長因子に近い働きもする成分だという事が分かりました。

 

プロテオグリカンで肌のうるおいを守って、シワ対策をはじめませんか?

 

 

シワを改善する3つのスペシャルケア

 

シワの改善に効果的なスペシャルケアについてここではお伝えしています。

 

定期的にスペシャルケアも取り入れて、シワに効かせていきましょう^^

 

 

シワを改善する3つのスペシャルケア

 

ローションパック

まず、ローションパックですね。

 

コットンに「これでもか!」というほどたっぷりの化粧水を含ませて3枚くらいに裂き、顔にまんべんなく貼っていきましょう。

 

化粧水がひたひたになるくらいたっぷり染み込ませるのがコツです。

 

顔全体に貼ったら、上からラップをしてうるおいを密封していきます。(息ができるようにラップは2枚つかうとgood)

 

ラップのうえからホットタオルなどを乗せると更にうるおいが浸透するのでおすすめです。

 

 

アイクリームでラップパック

アイクリームでパックするのも良いですね。

 

アイクリームは、もともと皮脂腺が極端に少なく自力でうるおいをキープするのが難しい目元用に作られているので、これを顔全体に塗ってパックすることで強力に保湿することができます。

 

顔全体につかうので、そんなに高いものでなくてOKです。

 

顔にまんべんなくアイクリームを塗って(ニキビが出来やすい人はTゾーンやアゴは避ける)シワが気になる箇所には重ね塗りをしていきましょう。

 

顔全体に塗れたら、上からラップをしていきます。

 

このアイクリームパックをお風呂などでおこなうと、蒸気によって浸透率がアップするのでさらに効果的です!

 

 

スリーピングパック

寝る前にスリーピングパックを塗るのも良いですね。

 

とくに夏や冬にエアコンをつけっぱなしで寝る人は肌が乾燥してしまいますので、寝ている間も肌のうるおいを守ってくれるスリーピングパックは強い味方です。

 

自分の肌に合うものを見つけて、睡眠中もスキンケアをしましょう。

 

まとめ

 

パック中心になってしまいましたが(笑)、シワ対策には肌の保湿は欠かせません。

 

うるおいを肌にたっぷり浸透させて、シワを改善していきましょう^^

 

 

食事でしわ対策|シワに効果的な食べものは?

 

スキンケアでなかなかシワが消えないときは、体の内側からもシワ対策をはじめましょう。

 

シワに効果的な食べものをここではご紹介しています^^

 

 

シワに効果的な食べもの

 

野菜

野菜には抗酸化成分がたっぷり含まれているので、肌の老化防止(=シワ対策)に効果的です。

 

とくにニンジンやカボチャ、トマト、ナスなどの色の濃い野菜には抗酸化成分がたっぷり含まれています。

 

 

果物

果物にも抗酸化成分が多く含まれており、シワ対策に効果的です。

 

とくにバナナやブルーベリーなどが抗酸化作用が高くておすすめですね。

 

果物には糖分も多いので、食べ過ぎには注意しましょう。肌の糖化を早めてしまいます。

 

 

ワイン・チョコレートなど

ワインやチョコレートにはポリフェノールがたっぷり含まれているので、アンチエイジング=シワ対策に良い食べもの(飲み物)です。

 

一息つきたい時におやつとして食べたり、1日の終わりに1杯飲むようにすると良いですね。

 

 

ナッツ類

 

ナッツ類もいいですね。

 

ナッツを食べるとニキビができる!という声も聞きますが、食べ過ぎなければ肌の老化防止に効果的です。

 

とくにアーモンドにはビタミンEがたっぷり含まれているので、肌のハリ・ツヤキープに役立ちます^^

 

 

鮭・いくら・カニなどの赤い食べ物

 

鮭やいくら、カニなどの赤い食べ物にはアスタキサンチンという抗酸化成分が含まれています。

 

アスタキサンチンのもつ抗酸化力はずば抜けていて、若返りビタミンと呼ばれるビタミンEなどよりもはるかに高いと言われています。

 

おもに魚介類に含まれているので、毎日食べるのは難しいかもしれませんが、お寿司屋さんなどに行ったときはたくさん食べると良いですね(笑)

 

 

しわ対策にいい食べ物:まとめ

 

肌の老化を完全に止めることはできませんが、遅らせることはできます。

 

食べ物にも気をつけて、シワに効かせていきましょう!

 

 

シワには種類がある|シワの種類と対策

 

シワが消えない…。スキンケア頑張ってるのになんでだろ…と悩んでいませんか?

 

一口に「シワ」と言ってもいくつか種類があり、それぞれ原因も対策も違ってきます。

 

ここではシワの種類とそれぞれの対策についてご紹介していきますね。

 

 

シワには3種類ある

 

その1:乾燥による小じわ

まず、「乾燥による小じわ」です。

 

その名の通り乾燥によってできたシワなので、子供や若い人にもできることがあります。

 

朝はなかったのに、夕方になると目元に小じわが…!という時もこのタイプですね。

 

肌がうるおい不足になっているだけなので、保湿をしっかりしたりお風呂やサウナなどの湿度の高い場所に入れば消えるシワです。

 

乾燥を防げば予防・改善できるシワなので、あまり心配はいりません。

 

 

その2:表情ジワ

つぎに、表情ジワですね。

 

笑いジワや眉間に寄せるシワなどがこれに該当します。

 

その名の通り表情の癖によってできるシワで、同じ表情を毎日のように繰り返すことで定着してしまったのが原因です。

 

表情ジワの特徴は、肌そのものだけでなく筋肉(表情筋)にも原因があるという所ですね。

 

表情ジワを改善するには、表情の癖を改めたり肌の弾力をアップさせたり、表情筋を柔らかくほぐすといった総合的なケアが必要になってきます。

↑1の「乾燥による小じわ」とは違って、ただ保湿するだけで消えないのが表情ジワのやっかいな所ですね。

 

眉間のしわや笑いじわにお悩みの方は総合的な美肌ケアをがんばりましょう^^

 

参考:笑いジワを消すセルフケア

 

 

その3:真皮ジワ

 

真皮ジワは、真皮(しんぴ)と呼ばれる肌の深い所にまで食い込んでしまったシワです。

 

深いシワなのでセルフケアで改善するのは難しいとされていますが、レチノールやビタミンC誘導体などの有効成分でケアを続けていくことで薄くする程度なら可能です。

 

セルフケアで全く改善しない場合は、クリニックでヒアルロン酸やボトックスなどを打つ方法もありますが、まずはお使いの化粧品を見直してみましょう。

 

 

まとめ:シワ対策はお早めに!

 

シワには3種類のシワがあり、それぞれ対策が異なることが分かりました。

 

シワを見つけたらすぐにケアをはじめて、ぷりぷりの肌を取り戻しましょう!

 

 

しわ対策に効果的なサプリ|サプリで体の内側から美活しよう♪

 

しわをなくすには、体の内側からも肌を磨きましょう。

 

スキンケアももちろん大事ですが、それだけではやはり限界があります。

 

しわ対策にはどんなサプリが効果的なんでしょうか。

 

しわ対策に効果的なサプリとは?

 

 

抗酸化成分のサプリ

しわをなくすには、抗酸化成分のサプリが良いでしょう。

 

体がもともと持っている抗酸化力は加齢とともに落ちてしまいますが、抗酸化成分をたっぷり摂ることで、衰えた体の抗酸化力を強化することができます。

 

体を酸化させ、肌の老化を早める活性酸素をやっつけることが出来るので、しわの改善につながります。

 

アスタキサンチンやコエンザイム、ピクノジェノール、ビタミンCなどが抗酸化成分になります。

 

 

肌のコラーゲンケアができるサプリ

肌のコラーゲンケアができるサプリも良いですね。

 

肌のコラーゲンは20代半ばころから減ってくるので、それに伴って肌のハリ・弾力も落ちてきます。

 

肌のコラーゲン生成を促す成分(プラセンタやプロテオグリカンなど)のサプリを飲むことで、肌がコラーゲンを作り出せるようにサポートすることができます。

 

その結果、肌のコラーゲンがふえてハリ・弾力が復活→シワに効かせることができるんですね。

 

 

1番のおすすめはプラセンタ!

 

プラセンタには成長因子が含まれているので、肌のハリ・弾力をあげるにはもってこいの成分です。

 

成長因子のはたらきによって肌の生まれ変わりがさかんになるので、あたらしい肌細胞がどんどん作られるようになる=ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分もあたらしく作られる!ということになり、しわ対策にピッタリなんですね。

 

 

まとめ

 

しわ対策には、抗酸化成分のサプリやプラセンタ、プロテオグリカンのような肌のコラーゲンケアができるサプリが良いことが分かりました。

 

サプリも活用して、シワ対策を加速させましょう^^

 

 

しわ対策にコラーゲン化粧品って効果的ある?

 

コラーゲン化粧品といえば、お肌がぷるぷるになりそうなイメージですよね。

 

でも、コラーゲン化粧品を塗っても肌のコラーゲンにはならないってご存知でしたか。

 

コラーゲン化粧品でしわは消えるのでしょか?

 

コラーゲン化粧品で消えるシワと消えないシワがある

 

結論から申し上げますと、コラーゲン化粧品で消えるシワと消えないシワがあります。

 

シワには種類があり、乾燥による小じわ、表情じわ、そして深く刻み込まれた真皮ジワなどがあります。(シワの種類について詳しくはこちらに書いてます→)

 

このうち、「乾燥による小じわ」の場合は、コラーゲン化粧品でたっぷり保湿をすれば消すことができます。

 

一方、「表情ジワ」や「真皮ジワ」の場合は、乾燥だけが原因でできたわけではないので、コラーゲン化粧品をつかってもシワを消すことは難しくなります。

 

 

コラーゲン化粧品は「保湿用」につかう

 

コラーゲンそのものはサイズが大きい成分なので、肌の奥まで入ってコラーゲンとして働くことはできません。

 

なので、肌の表面を保湿したいときにだけ使うのがベストでしょう。日中肌が乾燥したときや、お風呂上がりのつなぎの保湿などには活躍してくれるでしょう^^

 

 

じゃあ消えないシワはどうやってケアすれば良いの?

 

「じゃあコラーゲン化粧品で消えないシワはどうやってケアすれば良いの?」という声が聞こえてきそうですが、

 

コラーゲン化粧品で消えないシワ(表情ジワや真皮ジワ)は、肌のコラーゲンをふやす化粧品でケアすると良いでしょう。

 

レチノールやビタミンCなどが配合された化粧品ですね。これらでケアすることで、肌がコラーゲンをたくさん作り出せるようにサポートすることができるので、深いしわ対策としておすすめです。

 

 

まとめ:コラーゲン化粧品は保湿用につかう

 

コラーゲン化粧品は肌を保湿する作用はあるが、肌のコラーゲン自体はふえないので深いシワ対策には向いていないということが分かりました。

 

自分のシワをよく観察して、適切なケア方法を選んでいきましょう。

 

 

なかなか消えないシワに効果的なスキンケア

 

スキンケア頑張ってるのに、なかなかシワが消えない…。

 

シワが気になると、肌に自信が持てなくなりますよね。

 

ここでは、そんな時に参考にしたいスキンケアについてご紹介しています。

 

 

しわ対策に効果的なスキンケア1:ピーリング

 

まず、肌に弾力を出すためにピーリングをおこないましょう。

 

ピーリングとは、肌の古い角質を取り除くスキンケアのことです。

 

肌に残っている余分なものを取り除くことで肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がさかんに行われるようになるので、肌に弾力が出てシワ改善につながります♪

 

※肌がよわい方は様子をみながら慎重におこないましょう。

 

しわ対策に効果的なスキンケア2:徹底的に保湿

 

保湿も忘れてはいけません。

 

年を重ねるごとに肌のセラミド(天然の保湿成分)はどんどん減っていくので、保湿してもしても乾燥する…という肌状態になってきます。

 

洗顔後はすぐに保湿を心がけ、定期的にフェイスパックなども取り入れましょう。

 

日中に肌が乾燥するとシワを悪化させてしまうので、湿度にも気を遣うともっと良いですね。

 

フェイスミストで水分を補給したり、デスクにスチーマーを置くのもおすすめです^^

 

 

しわ対策に効果的なスキンケア3:有効成分でスキンケア

 

しわに効果的な「有効成分」でケアするのも大事です。

 

たとえば「ビタミンC誘導体」や「レチノール」、「ナイアシン」などですね。

 

これらの成分には「肌のコラーゲン生成を促す作用」があるので、乾燥による小じわだけでなく、深く刻まれてしまったシワを薄くするのにも効果的です。

 

 

まとめ

 

しわ対策は、早ければ早いほど効果が出やすいといえます。

 

シワを見つけたらすぐにケアを始めて、ツルピカ肌を取り戻しましょう^^